環境省などは29日、中央環境審議会・自動車リサイクル専門委員会のウェブ会議で青森県を含む全国で不法投棄・不適正保管されている自動車の現状を報告した。資料によると、県内の不適正保管車両の台数は今年3月末時点で、前年同期比492台増の880台で、全国で最も多いことが分かった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。