青森労働局は29日、9月の青森県内の有効求人倍率(季節調整値)が前月比0.01ポイント減の1.11倍だったと発表した。新型コロナウイルスワクチン接種が進み求人は下げ止まり、雇用調整助成金などの支援策で失業者も一定程度抑え込まれている影響で求職者もそれほど増えず、前月とほぼ同じ状況が続いた。1倍を超えるのは6カ月連続。全国順位は34位タイ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から