「ふくら」に展示している笑い文字と、制作した中津さん
展示1店目となった「餃子のマルユウ」に置かれている作品

 丸みを帯びた字体が特徴的な「笑い文字」で新型コロナウイルス禍の飲食業界を励まそうと、笑い文字普及協会中級講師の中津かおるさん=青森市=が10月から、五所川原市の飲食店で笑い文字リレー展を行っている。中津さんは「大変な思いをしている経営者の方々や、制約された生活を過ごしている来店客の双方に笑顔になってほしい」と話している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から