インタビュー取材の体験で質問をする児童(右)

 青森県むつ市の奥内小学校(長根朋子校長)は28日、東奥日報社販売局NIE・NIB推進部の鎌田浩伸部長を講師に、同校で新聞について学ぶ出前授業を行った。3~6年生計12人が参加し、新聞の作り方などについて理解を深めた。

 鎌田部長は、新聞が記者や販売店の人など多くの人が関わってできていることを紹介した。28日付の東奥日報を使って、見出しを読めばニュースの内容が分かると説明し「見出しを見るだけでもいいので新聞を手に取って」と呼び掛けた。

 児童同士によるインタビュー取材も行われ、児童は「中学生活で楽しみにしていることは」「好きな動物は」などと質問し合った後、聞き取った内容をワークシートにまとめていた。

 6年の川嶋聖菜さんは「相手がうまく答えられるように質問するのが大変だった。新聞記事の内容は難しいかもしれないが、見出しだけでも読みたい」と話していた。

 むつ市教育委員会は2017年度からNIEへ本格的に取り組んでいる。