2021年産米の生産者概算金(仮払金)が大幅に下落したことを受け、青森農協(雪田徹組合長)は28日、青森市内で定例理事会を開き、生産者の農業経営の維持と安定を図るため、低利の資金融資を行うことを決めた。貸付実施期間は11月1日から来年3月31日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から