ジュネーブ国際音楽コンクールで演奏する上野通明さん=28日、スイス・ジュネーブ(共同)

 【ジュネーブ共同】スイス西部ジュネーブで28日、ジュネーブ国際音楽コンクールのチェロ部門の最終選考が実施され、日本の上野通明さん(25)が優勝した。同コンクールで日本人の優勝は、2019年の作曲部門の高木日向子さん(32)以来2年ぶりで、チェロ部門では初めて。

 表彰式後、上野さんは「応援していただいた皆さんのおかげ。感謝の気持ちしかない」と、演奏中の緊迫感のある表情からは一転して笑顔に。「決して完璧な演奏ではなかったので、これからも腕を磨いていきたい」と謙虚に振り返った。

 上野さんは桐朋学園大を修了し、ドイツのデュッセルドルフ音楽大に在学中。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む