田舎館村で食リポするGMUメンバー

 30、31の両日、青森県弘前市のさくら野百貨店弘前店で開催される「うまい森 青いもりフェア」(東奥日報社主催、県観光連盟共催)には、毎週水曜日の東奥日報連載「GMUのふるさとナビ」に登場した商品も多数集まる。Web東奥うまい森専用サイトで、商品の魅力を紹介する食リポ動画と記事全文を公開している。

 連載は7月にスタートしたフェア連動企画。「食」を応援する地域活性化アイドルGMUのメンバー7人が交代で各地を巡り、自慢の食材やスイーツを味わい、そこに込められた地元の思いを動画と共に伝えている。本年度の訪問先は27市町村になる予定だ。

 弘前フェアでは田舎館村のいちごスイーツ、西目屋村の白神そば、五戸町の倉石牛加工品、藤崎町の「ふじさき産品」各種、鯵ケ沢町のケーキ・ド・大福、六戸町の青森シャモロック・ザ・プレミアム#6、平川サガリなどが販売される。

 フェアは両日とも午前10時から午後5時まで。連載記事・動画と詳しいフェア出展情報は、うまい森専用サイト(https://www.toonippo.co.jp/feature/umaimori-aoimori)で。

【関連リンク】うまい森青いもり