リンゴやベビーホタテ、深浦サーモンなどの地場食材を使った給食メニューを試食する家庭部の生徒たち

 青森県板柳町の板柳中学校(高橋幸治校長)家庭部の生徒たちが25日、11月下旬に給食で食べる地場産食材を使った献立の試作に取り組んだ。具材の大きさなど当日の調理に役立てる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から