衆院選2区の神田候補の選挙事務所入り口。市長選の小林候補と熊谷候補のため書きが並んで張られている

 任期満了に伴う八戸市長選(31日投開票)は、新人の元県議熊谷雄一候補(59)と現職小林眞候補(71)を軸に自民系勢力を二分する激戦となっている。同日選の衆院選2区で自民新人・神田潤一候補(51)の優位が伝えられる中、両陣営は神田氏の個人演説会に急きょ出席したり、「関係性の近さ」をアピールするなど、神田氏の勢いを取り込もうとする動きが目立ってきた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から