クラブ結成を受け、宣言文を掲げて読み上げる4人の児童

 青森県三沢市北部の太平洋沿岸近くにあるおおぞら小学校(眞石卓生(たくお)校長)は21日、全校児童86人と教職員14人で構成する「おおぞらっ子消防・防災クラブ」を結成した。市内小学校では初めてで、防火・防災に関する研修や自分たちでできる広報活動などを通じ、「命を大切にする子らの育成」を推進する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から