現在の大橋。アスファルトをはがすと、馬車の軌道跡が出現した(10月16日撮影)
1935(昭和10)年ごろの大橋。走行する馬車の後方に軌道が見える(むつ市教育委員会提供)

 青森県むつ市の田名部川をまたぎ、本町と新町を結ぶ「大橋」が90年ぶりに架け替えられる。老朽化が著しいため、管理する市が3月から工事を進めている。大橋には馬車が走行するための軌道が敷かれていた。映画「魚影の群れ」のワンシーンにも登場するなど、市民に親しまれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。