昨年3月に営業を終了した田名部記念アリーナ。八戸ダイムの練習拠点や子どもへのスクール事業などを行う新たな施設として生まれ変わる
八戸ダイムの公式Tシャツを持つ八木代表(左)と田名部社長

 青森県八戸市の建設業「田名部組」(田名部智之社長)と同市を本拠地とする3人制バスケットボールチーム「八戸DIME(ダイム)」(八木学代表取締役)は26日、昨年3月に営業を終了した同市の田名部記念アリーナの管理について業務提携したと発表した。早ければ来月にもアイスホッケーリンクを改修し、ダイムの活動拠点として活用する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。