県教育委員会は26日、今年実施した2022年度の青森県公立学校教員採用試験の結果を公表した。応募者の確保が課題になっている小学校は合格者が112人で、1次試験受験者に対する最終倍率(競争率)は1.9倍(21年度比0.1ポイント減)となり、20年度試験と並んで過去10年で最も低かった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から