弘前駅待合室内に設置したステーションブース
ブースの内部。テーブル、ソファのほかパソコンを接続するモニター、Wi-Fiなどを備えている

 JR東日本は26日、リモートワークに使用できる1人用「STATION BOOTH(ステーションブース)」を弘前駅内に設置した。青森県内の設置は新青森駅に続き2カ所目。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から