全区画の分譲が完了し、今後、新たな企業の立地が見込まれる漆川工業団地

 青森県五所川原市郊外の青森テクノポリスハイテク工業団地漆川(通称・漆川工業団地)の全区画(52.9ヘクタール)の分譲が9月末で完了した。1980年代の分譲開始から約35年間、企業立地に伴う税収増や雇用の創出で地元経済の発展に貢献してきた。近年はさまざまな業種が立地する特性を生かし、団地内の企業間で取引を行うなどの効果も出ている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から