青森県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)案で、地元高校が「地域校」となる方針が示された鯵ケ沢、大間、三戸、六ケ所の4町村は25日、高校存続に向けて「地域校立地町村連絡協議会」を設立したことを明らかにした。29日、県教育委員会に対し、生徒の募集停止の条件緩和などを要望する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から