県農協中央会は25日、青森市の県農協会館で役員推薦会議を開き、次期理事、監事に今春立候補した11人の推薦を改めて協議したが、出席者から反対意見が出たため、またも決定できなかった。推薦についての議案を雪田徹会長職務代行者に差し戻すことで終了した。全役員の空席という異常事態の解消は見通しの立たない状況となっている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から