七戸川の堤防決壊現場で、国の担当者らに現場の状況などを説明する県職員

 8月に大雨被害を受けた上北地方と下北地方の河川や道路などの災害復旧に向け、国は25日から、青森県と市町村からの国庫負担申請に基づき、復旧工事に必要な工法や費用、設計内容などに関する査定を始めた。同日は七戸町の七戸川(高瀬川)の堤防決壊現場などで、国の職員らが県職員の説明を受けながら、事業内容を確認した。査定は29日まで行われる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から