ガソリンスタンド内の集荷ボックスに紫タマネギを収納する小泉さん(左)

 石油元売り大手のコスモエネルギーグループが8月から、青森市などにある系列のガソリンスタンドを地域の農水産物の集出荷拠点にする取り組みを行っている。生産者がスタンドに持ち寄った野菜を運送業者が集荷し小売店に運ぶ仕組みで、生産者からは「遠くに出荷に行く手間が省けた」、小売店からは「集荷に行くのが難しい地域の野菜も仕入れられる」などと好評を得ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。