選挙サンデーの24日、候補者は各地の街頭に繰り出した=七戸町

 衆院選期間中、最初で最後の日曜日となった24日。商店街で、スーパー前で、リンゴ畑で、青森県選挙区の各候補は精力的に街頭演説をこなした。自民党候補は新型コロナウイルス、経済対策などを掲げ自公政権の継続を訴えた。一方の野党側は格差拡大や憲法改正の動きを批判、政権交代を求め声を張り上げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。