シンポジウムでねぶた教育などについて発表する津川さん

 青森市の市民団体「青森まちかど歴史の庵『奏(かな)海(み)』の会」は24日、シンポジウム「青森ねぶたと市民」を同市の県立図書館で開いた。新型コロナウイルスの影響で青森ねぶた祭は2年連続中止となったが、ねぶた師やねぶた好きの若者らが、コロナ禍後のねぶた祭の在り方などについてそれぞれの思いを語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。