男子ゴルフの米ツアー大会、ZOZOチャンピオンシップで優勝を決め、ガッツポーズの松山英樹。ツアー通算7勝目を挙げた=24日、千葉県印西市の習志野CC

 男子ゴルフの松山英樹(29)が24日、千葉県印西市の習志野カントリークラブで行われたZOZOチャンピオンシップで優勝した。4月のマスターズ・トーナメント以来の勝利を、米ツアーで唯一の母国開催の大会で飾り、日本男子最多の同ツアー勝利数を7とした。

 1打リードの首位から臨んだ最終ラウンドを65で回って通算15アンダー、265で快勝。4976人のファンが集まった会場を沸かせ「たくさんの方が応援してくれて、その中でいいプレーができたのはうれしい」と喜びに浸った。

 2013年秋から米ツアーに本格参戦した松山は今年のマスターズで日本男子悲願のメジャー制覇をした。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む