震災遺構として公開される福島県浪江町立請戸小の校舎。時計(左)は津波が到達した時刻で止まっている=18日(小型無人機から)

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故の被害と教訓を伝える震災遺構となった福島県浪江町立請戸小は24日開館し、一般公開が始まった。福島県では初の震災遺構。

 2011年3月11日、海岸から300メートルの請戸小は高さ約15メートルの津波に襲われ、校舎2階の床付近まで浸水。校内にいた児童と教職員の計95人は高台に避難し無事だった。福島第1原発の北5キロに位置し、6年にわたり避難指示を受けた。再開しないまま今年4月に閉校した。

 開館記念式典で、当時、同校6年だった横山和佳奈さん(23)は「どんな姿でも残ってくれてうれしい」と訴えた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む