米軍横田基地(東京都)の輸送機CV22オスプレイが青森県東北町の小川原湖上空で計画している飛行訓練に絡み、東北防衛局の職員が22日、県と東北町、三沢市、六ケ所村、小川原湖漁協を訪れ、米軍の認識を口頭で伝えた。米軍は訓練場所として小川原湖を選んだ理由について、訓練は「一定程度の範囲を有する穏やかな水面上で行うことが不可欠」とした上で、「(日米地位協定に基づく米軍への)施設・区域内には訓練に適した場所がない」との見解を示しているという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から