出土品の整理を見学する(奥左から)達増知事、鈴木知事、佐竹知事。右端は三村知事=青森市の三内丸山遺跡・縄文時遊館

 北海道・北東北知事サミットが22日、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の活用をテーマに青森市のホテル青森で開かれた。青森県の三村申吾知事は席上、縄文遺跡群の保存活用などの拠点となる世界遺産センターの機能について「積極的に具体な検討をしなければいけない時期」と提案し、3道県知事から異論は出なかった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から