サクラの葉などの紅葉に彩られた追手門付近の外堀
全長100メートルに及ぶフラワーアート「昇天華龍」
ねぷた絵の破片を活用したあんどん「錦の灯り」

 青森県弘前市の弘前公園で11月1日から「弘前城 菊と紅葉まつり」が開幕する。さまざまなアートフラワーの展示に加え、初めて背景にプロジェクションマッピングを導入するなど、夜間の見どころも増やす。7日まで。また「旬感!弘前秋物語!」と題し、30日までの期間中、新型コロナウイルス感染拡大により延期になったものも含めイベントを集中開催。秋の弘前を存分に楽しめる1カ月となる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。