青森県弘前市は21日、2021年産米の価格下落を受けた市内農家への独自支援策として▽つなぎ融資の実質無利子化▽収入保険料の一部補助▽県産米に切り替える飲食事業者への補助-などを検討していることを明らかにした。今後詳細を詰めるが、予算規模は1億円を超える見通し。11月にも関連予算案を市議会に提出する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から