赤色灯をつけて取り締まりに出発する隊員ら

 夕暮れが早まるこの時期、夜間や早朝に交通死亡事故が多発することから、青森県警は21日、赤色灯をつけてパトロールを行い注意喚起する「レッドアラート作戦」をスタートさせた。同作戦は31日まで県内全域で展開する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。