各紙の序盤情勢報道を受け、陣営は改めて活動のギアを上げた。街頭での候補者の訴えにも熱がこもる=21日、青森市

 衆院選青森県選挙区の序盤情勢に関する調査結果を各紙が報じた21日、接戦が伝えられた1区では、自民、立憲民主両党の陣営がそれぞれ支持固めを徹底したり、無党派層に向けた街頭活動の強化を図ったりするなど、改めて戦術を練り直した。2、3区では、先行する自民が緩みを警戒し、立民は追い上げを誓った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。