新そばまつりの準備を進める久保理事長(左)ら戸鎖地区の住民有志=20日

 そばで地域おこしに取り組んでいる青森県六ケ所村戸鎖地区の有志が23日、村特産品販売所「六旬館」で「新そばまつり」を開く。地元の恒例イベントだが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大のため中止され、2年ぶりの開催。住民は「久々にお客さんと会うのが楽しみ」と張り切っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から