脳チェックのブース。タブレットに示されたカードを記憶する検査などを行っている=20日

 弘前大学と青森県弘前市は19~23日、同市の河西体育センターで、高齢者の認知症やそれに関係する健康状態を10年間にわたって追跡調査する「いきいき健診」を行っている。弘大のほか九州大学などが全国8カ所で計1万人を調査しており、今年で5年目。同市では69歳以上の市民約540人が参加する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から