浪岡高校の存続などを知事に要望する小野寺市長(左)と要望を聞く三村知事

 20日に県庁であった要望の場で、青森市の小野寺晃彦市長が、県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)案で閉校方針が示された浪岡高校の存続を求め、三村申吾知事に食い下がる一幕があった。市長によると、同校の存続を巡り、市長が知事と直接やりとりしたのは初めて。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。