投票を啓発する動画の収録に臨む学生ら

 全国でも低位にある青森県の国政選挙の投票率向上を図ろうと、県選挙管理委員会が大学生を起用して啓発動画やポスター、チラシを制作した。動画の脚本やポスターなどのデザインを担当した学生グループのメンバーは「良いできに仕上がった。投票率が特に低い若者に関心を持ってもらいたい」と話している。各作品は県選管が開設したインターネットの特設ページで閲覧できる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から