「板柳の太鼓判」に初認定された町内9事業者の16商品
名越会長(手前中央)を囲んで記念写真に納まる、「板柳の太鼓判」認定事業者

 板柳町地域ブランド認定協議会(事務局・町商工会)は14日、町内で名高いものの域外での認知度が低い加工品や工芸品を後押しする地域ブランド「板柳の太鼓判」として、町内の9事業者16商品を認定し、認定証を交付した。認定されたのは、加工品13点、工芸技法3件。専用ロゴマークやミニのぼり旗を用い、地域ブランド認定品として商談会などの場で情報発信していく。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から