男性の通帳には昨年12月15日、元金5万円に利息を加えた5万5100円が2口分、ケフィア事業振興会から振り込まれた履歴が残っている。以降、入金が滞った状態が続いている

 通信販売会社「ケフィア事業振興会」(東京)が、加工食品製造事業の「オーナー」となった契約者への支払いを滞らせている問題で、約250万円の受け取りが滞っている青森県黒石市の70代男性が17日、東奥日報紙取材に応じた。男性は「ずっと利息付きで返還されてきたので、信じてしまった。考えが甘かった」と悔しさを口にした。専門家は「投資にはリスクが付きもの」と安易に契約しないよう呼び掛けている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)