「ゼロカーボンシティさい」を宣言した樋口村長(右)と竹内代表取締役

 青森県佐井村はこのほど、2050年までに村内の温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることを目指す「ゼロカーボンシティさい」を宣言した。小水力発電(発電出力が千キロワット以下の水力発電)の活用など具体的な排出削減の方法を定めるロードマップの作成に着手する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から