NTTドコモの本社が入るビル=東京都千代田区

 総務省は19日、NTTドコモの携帯電話サービスでの大規模な通信障害が電気通信事業法の「重大な事故」に当たると判断したと明らかにした。ドコモは11月13日までに事故原因や再発防止策を報告する必要がある。総務省は報告内容を踏まえ、行政指導を検討する。

 電気通信事業法は、緊急通報を扱う通話サービスだと1時間以上、3万人以上に影響があれば「重大な事故」と位置付けている。

 ドコモによると、通信障害は今月14日午後5時ごろ発生。電話やインターネットを完全に使えなくなった人が約200万人(ユーザー)に上った。ダウンした時間は長い人で2時間以上に及んだ。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む