気象庁の庁舎=東京都港区虎ノ門

 上空にこの時期としては強い寒気が流れ込む影響で、西日本から北日本では20日にかけて、大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は19日、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうや激しい雨に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、西日本の上空約5500メートルには氷点下21度以下、東日本から北日本には氷点下24度以下の寒気が、それぞれ流入する見込み。加えて北日本を通過する低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる。

(共同通信社)