19日公示の衆院選青森県3選挙区には、政党公認の計8人が立候補を予定している。自民党、立憲民主党が各3人、共産党が2人。各陣営は14日の衆院解散以降、事実上の選挙戦に突入している。31日の投開票に向け、新型コロナウイルス対策や経済対策などを争点に、12日間にわたって舌戦を繰り広げる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から