青森県は18日、新型コロナウイルスの新規感染者が午後4時半時点でゼロだったと発表した。感染発表がなかったのは2日連続となる。

 弘前保健所管内の保育施設クラスター(感染者集団)=9日公表=の今後の検査予定者は、現時点でいないという。県の泉谷和彦新型コロナウイルス感染症対策監は「クラスターは全体の検査が終了し、今後の健康観察の中で、仮に陽性者が出たとしても限定的になる」との見方を示した。

 県が公表している確保病床数は、18日付で12床増えて計349床となった。入院者数は前日比1人減の37人。確保病床数に対する使用率は同1.0ポイント減の10.6%に改善した。人口10万人当たりの1週間新規感染者数は東奥日報試算で、前日と同数の7.70人だった。