「黒商ねぷた」の運行前に記念撮影する生徒や教職員たち
引き手を務める生徒たちは運行終盤になっても元気いっぱい
ねぷたを引っ張る生徒たち
荒田さんが手掛けた見送り絵

 2022年3月末で48年の歴史に幕を下ろす、青森県黒石市の黒石商業高校がこのほど行った「黒商ねぷた」運行。最後の黒商生の3年生が、地域住民への感謝の気持ちを胸に市中心部を力強く練り歩いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。