アスパム前で行われた秋の火災予防運動出動式に参加した消防団員

 本格的に気温が下がり暖房器具を扱う機会が増えるのを前に、青森県内で18日、秋の火災予防運動が始まった。24日までの7日間、住宅防火対策の推進などを重点目標に、県内の消防関係者が啓発活動を強化する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から