第49回衆院選は19日公示される。青森県3選挙区には自民、立憲民主、共産の3党が前職・元職・新人計8人の候補者を擁立する。引き続き3議席独占を目指す自民に、「1強」打破へ議席奪取を狙う立民、共産2野党が挑む構図になる見通し。異例の短期決戦となった今回、各陣営は14日の衆院解散以降、事実上の選挙戦を既に展開している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から