優勝トロフィーにキスをする古江彩佳=東急セブンハンドレッド
プレーオフでウイニングパットを決めガッツポーズの古江彩佳=東急セブンハンドレッド

 富士通レディース最終日(17日・千葉県東急セブンハンドレッド=パー72)最終ラウンドは降雨によるコースコンディション不良のため中止。第2ラウンド終了時に通算12アンダーの132で首位に並んだ2人によるプレーオフ(3ホール)が実施され、2ホール目にバーディーを奪った古江彩佳が1アンダーで勝みなみを下し、昨年と統合された今季4勝目、通算5勝目を挙げた。

 3位以下は前日までの成績で、前週優勝の渋野日向子が3位。稲見萌寧と上田桃子が4位となった。

(共同通信社)