木造高校の学級減に反対意見が相次いだ追加開催の西北地区懇談会

 青森県教育委員会は16日、つがる市の柏ふるさと交流センターで、県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)策定に向けた追加の西北地区懇談会を開いた。同地区2回目となる懇談会は予定を約2時間超過し、約4時間半に及んだ。木造高校(同市)を1学級減の1学年3学級とする方針に対し、地元住民から「人気が高い木造高校の学級減は納得できない」「結論を1年先延ばしし、住民ともっと議論を」などと反対意見が続出した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から