葉タバコを選別する栽培農家=14日、東北町大浦

 葉タバコ栽培が盛んな青森県東北町で、今年作付けした38戸のうち、7割以上に当たる28戸が廃作予定であることが町などへの取材で分かった。日本たばこ産業(JT)が今年募った廃作希望に応じた。募集は今月15日までだったが、今後の集計によってはさらに膨らむ可能性がある。JTによると、県内では今年契約した629戸のうち、8月30日時点で4割を超える260戸が廃作を希望しているという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。