地元の関係者らが大漁旗を振って盛り上がったセレモニー=16日、風間浦村の「下風呂温泉 海峡の湯」
スルメを掲げて下北地域の観光再開を祝う関係者たち

 青森県は16日、8月の大雨で被害を受けた風間浦村下風呂地域の観光復興と下北地域全体の観光需要の回復を図ろうと、同村の「下風呂温泉 海峡の湯」で「下北地域観光再開セレモニー」を開いた。三村申吾知事や下北5市町村の首長ら関係者が、スルメを付けたテープにはさみを入れる「スルメカット」を行い、観光再開をアピールした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。