ソメイヨシノが満開の弘前公園。コロナの影響で弘前さくらまつりの人出は例年の1割以下だった=4月20日、弘前公園

 青森県弘前市と弘前商工会議所は、今年春に開催した弘前さくらまつりの経済効果を把握するため、市内の事業所を対象に行ったアンケートの結果をまとめた。回答した事業所の2割以上が、まつりが中止となった昨年の同時期に比べ、売り上げが「増加した」と答えた。ただ「減少した」「変わらなかった」はそれぞれ3割を超えた。市は「開催効果はあったと言える」と総括している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から