シャインマスカットを房から取り外す従業員=15日、大鰐町のサンマモルワイナリー第2工場

 青森県大鰐町の青森ワイナリーホテル内にあるサンマモルワイナリー第2工場で15日、県産シャインマスカットを使った「青森ヌーヴォー2021 シャインマスカットブレンド」の醸造が始まった。津軽地方のシャインマスカットを、スチューベンに次ぐ新たな名産品にしようと、昨年からワインの原料に取り入れた。11月18日から県内のスーパーや小売店、オンラインサイトで販売する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から