首都圏在住の青森高校卒業生でつくる書道グループ「うらゆき会」。金原(かねはら)陸夫(むつお)さん(80)=青森市出身、東京都世田谷区在住=は、2008年の同会発足時から会長を務める。現在、13人の会員が、同窓生で青森市在住の書家・浦郷綾子さんの指導のもと月2回、書を楽しんでいる。

 小麦粉などの食品大手「昭和産業」の営業マンとして汗を流し、社長、会長にまで昇りつめた。06年に退任した後、誘われて始めた書道も丸10年。「なかなか進歩しないけれど、やってきて良かった。文字は空気と同じで四六時中、触れるもの。文字を大事にするのは大切なことと思う」。悩みは「なかなか会員が増えないこと」と笑う。